【ワインで乾杯!の時にやってはいけないこと】


おもてなしサロンアドバイザーの
大川ユカ子です。

気付けばGWも過ぎ去り、
あっという間に1年の3分の1が
終わってしまいました。

年齢を重ねるにつれ、時の経つスピードが
本当に早く感じられて、自分でも驚きます^^;
1日1日、大切に過ごしたいものですね。

さて、これからのシーズンは
結婚式等のパーティも増える季節。

そこで今回は
パーティビジネスの場での集まりを想定して

ワインで乾杯!の時に
気をつけていただきたい
ことを

ソムリエでもある私の視点から
お伝えいたします。

wine-2789280_1920.jpg


乾杯でグラスをぶつけない

ワイングラスはとっても繊細。
カチンと音を鳴らして乾杯すると
ヒビが入ってしまうことも。

軽く近づけるだけで十分です。


ステム(細い足の部分)を持つ

これは皆さま
当たり前に知っていると思っていましたが

婚活中の30代の知り合い女性が
カップの部分をわしづかみにしていたのを見て
慌てて教えたこともあります^^

ワインは温度の変化によって風味が
損なわれたりするので
指から体温が伝わらないようにする配慮なのですよ。


ワインを注いでいただくときは
グラスを持ち上げない

ビールはコップを持って
注いでいただきますが、
ワインは持ち上げません。

注いでいる時に倒れそうで心配でしたら
ステム(足の部分)や底の部分を
押さえて固定しましょう。


グラスを回す時は
反時計回りで!

そもそもグラスを回すのは
空気に触れさせることで香りを立たせたり
味わいの変化を楽しむためです。

※「閉じた状態を開かせる」なんて言います。

これはシャンパンにはしないです。
せっかくの気泡が飛んでしまいますから。

白でも若いワインならあまりしません。

クルクル回す時
反時計回りにするのは

勢い余ってワインがこぼれてしまっても
周囲の方に迷惑をかけないため

なのです。

もし時計回りに回していたら・・・
遠心力で右の方に飛んでいき
右側の人にかかってしまう
恐れがあります。

反時計回りだと
遠心力で飛んでも
最悪、自分にかかるだけで済みますね。

細かく挙げると
もっとありますが^^;

これだけでも押さえておくと
大きな失敗はなさそうです。

でも、キホンは

美味しく楽しくいただくのが一番!

あまり頭でっかちにならないよう
お気を付け下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんの一言、率直なご感想を
この”メールに返信”いただけましたら
嬉しいです^^

宛先:okawa@smartmannercreate.com

一流のマナーとおもてなしで接客し
大切なお客様の絶対数を増やす

おもてなしサロンアドバイザー
大川ユカ子

◆大川ユカ子のFacebook

https://www.facebook.com/yukako.okawa

 

一般社団法人スマートマナークリエイト代表理事
HP:https://smartmannercreate.com/
MAIL:okawa@smartmannercreate.com

 

☆プライベートプロフィール☆

一男一女の母。

ソムリエの資格を持つも
今は漢茶で温活を楽しむ毎日。
好きな言葉は
『笑う門には福来る』
『人生万事塞翁が馬』

小学校時代、ソフトボール部に所属し
ライト6番を貫く。
逆転満塁ホームランを打ったことが
今でも最高の思い出。

・・・・・・・・・・・・・・・・

学習院大学卒業後、全日本空輸株式会社に
約10年客室乗務員として勤務。

滞空時間(文字通り空の上にいた時間)
は7669時間。
離陸前後も合わせると
1万時間以上、おもてなしのマナー接客に
携わる。

その後1000校を超える
フラワースクール団体に所属し
本部講師として指導する傍ら、各スクールの
WEBコンサルも担当。

現在はサロン業界のスタッフ教育を
年間500名以上担当しています。

その中で

どうやったらお客様に喜ばれる接客
ができるのか

再来店(リピート)していただける接客スキル
を自分のものにしたい

価格でなく
価値で選んでいただける接客
を身に付けたい

と願いながらもなかなか実現できない
サロン様のお悩みを解決するために

他にはない
一度身についたら一生モノの
実践型の策をご提案するために

この「おもてなしプロモーション」を
手がけることとなりました。

少しでも多くの方のお役にたてますよう
真摯に取り組んでまいります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・