CA経験10年、サロンスタッフ研修1500人
おもてなしサロンアドバイザーの
大川ユカ子です。

接客業に携わる人々の中で
今もっとも大きな課題は

離職率が高い

ということ。

私たちの実感としてはともかく
今は、好景気の世の中。

売り手市場が続き、就活も前に比べたら
ずっとずっと楽な時代です。

もっとも、この景気はいつまで続くか・・・
2020東京オリンピックの後は
ちょっと怖い気もしますが^^;

話は少しそれましたが
接客業、特に理美容業界では

人がすぐに辞めてしまう

ということが深刻な問題になっています。

なんといっても、新人さんが
1年で半分辞めてしまうというのだから
時間もお金もかけて採用したオーナー様にとっては
脱力ものです。

その理由は


勤務時間が長い
休みの融通が利かない
思っていた仕事と違った

などありますが

多く挙がった理由の中の一つに

精神的にきつい

というのがあります。

物理的な条件はなかなか変更しづらいかもしれませんが
この「精神的にきつい」は
スタッフ間で改善できることがありそうです。

まずは

スタッフ間のコミュニケーションを密にすることで
新人さんとの間にある見えない壁を
取り払いましょう。

何も話し込む必要はありません。

ほんの一言

「頑張ってるね。」
「助かるよ。ありがとう。」
「困っていることない?」
「大丈夫。何でも聞いて。」

そう

共感の気持ちをもって
話しかけてみてください。

一生懸命頑張っているのに
「やって当たり前」
の態度を取られると

スタッフは、やる気喪失。

『頑張っても報われない』

と感じてしまうのです。

相手をリスペクトするひと言

どうぞ惜しまずに投げかけてあげてくださいね!